宇宙大のなんやかや

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙大のなんやかや

彼れと此れとをてんやわんやで考える葦哉。

どうしようもない既卒のオレが就職活動を終えるまで-2・高校時代

トラウマは習性と習慣のたまもの

前回は中学卒業時での或る出来事とその影響を考えました。
幼少期の性のトラウマと、歪んだ願望が身に付くことによる、人生のハンドリングがとんでもないことになってしまったという一例でした。

今回はそれがどのように生活の中に波及したのかを考えて見ます。

続きを読む

どうしようもない既卒のオレが就職活動を終えるまで-1・中学卒業

犬も歩けば棒にあたる

今回は自分の経歴、特に「きたないところ」を書こうと思います。
中学卒業から就職、失業、再就職まで、数限りなくどうしようもないところをさらしてきました。ボロボロです。
一体自分のなにがそうさせたのか、どうすればよかったのか。
今更ながらそんなことを順を追って考えてみようかと思います。

既卒第二新卒で就職活動に悪戦苦闘している方の一助になれればこの上なく幸いです。

続きを読む

ルパン銭型人格説?守りが進めば壊しが生まれ、壊しが進めば守りが生まれる。

ルパンvs銭型=一人の人格の中の姿

アメリカの大統領選挙が無事(????)終わりましたね。

あの流れを見ていたら、なぜか「ルパン三世」的なものを感じました(意味不明)。

自分は昔から「ルパン三世」という作品に惹かれるものがあり、どこが自分の心に引っかかったのかを考えてみたところ、こんな感じのものが出てきました。

ルパンも銭形も、一人の人間のなかに居る

仮にモブである自分の立場を考えると…
社会、組織、体制の運営を担う。おおむね被害者側。

続いてルパンはどうなるか…
組織が生み出した価値や資産を奪う。加害者側。

そして銭型はというと…
組織が生み出した価値や生み出す行為自体を維持する。取り締まり。

おおざっぱにこんな感じになると考えます。
すると、このルパンも銭形も、自分が持ってるある部分をカリカチュアしたものだと思うようになりました。

続きを読む

仕事はサボらず、食う寝る遊ぶをサボるとヤバイ。

ダメな真面目くんは、「仕事以外」をサボる?

サボり。
怖いですよねぇ、サボり。
いい意味で使われることがないですよね。
そもそもの意味はこんな感じらしいです。
→[sabotage(サボタージュ):損害、怠業、妨害行為]

自分もそうですが、多くの人は「何かを犠牲にしてでも、仕事はサボっちゃいかん」という考えで生きていると思います。

自分もそんな感じです。
ただ、これが過剰になるとイイことってないんじゃない?と思うようになりました。
つまり、サボらないことが損害、怠業、妨害行為になってんじゃない?と。
そこらへんのことから、ブログに関することまでをちょっと一筆。

[要約]市場価値の生み方が変化する中、今までどおりの考えを「サボり」、自分が生み出す価値に集中する。


続きを読む

IT国家エストニア-現実と虚構の点と点がつながる社会-

地上と電脳による国家の二層化=冗長的政府機構へ

ネットワーク上のソフトウェアとしての国家形成
=WEBエストニア政府/国民IDによるWEB上での納税・投票の実現

とにかく上記2つの記事をよんで頂きたい。
政府がここまでITインフラを使ってシステムを構築したのには訳があったのです。
それは、戦争による侵略でした。

続きを読む