宇宙大のなんやかや

宇宙大のなんやかや

彼と此をてんやわんやで考える。

どうしようもない既卒のオレが就職活動を終えるまで-6・就職活動

石が浮かんで、木の葉が沈む。

前回は新卒でのウダウダっぷりを考察ました。
屈折してますねぇ…。
しかし、一歩前進といったところでしょうか。
ようやく今までの連続を断って、なにかを始めようという段階に入りました。

今回はフリーター時代を考察します。
いつかオレも正社員にという思いを持ちながら、新卒で正社員として入社してくる人を横目に自分を責める日々が続きます。
行動しないことは、非常におおきなリスクだということです。

安定、肩書き、失敗

今の自分が正社員として雇われる可能性のあるところなどあるのだろうかと考えながら、就職センターやエージェントを利用しながら情報を集めていきました。
バイト先で正社員になれれば一番すんなりいくだろうなという感じもあったので、積極的に会社に貢献すべく、独学でPCのスキルを身につけながら、業務フローの作成や状況の可視化(エクセルのグラフでちょこちょこと)をやってみたりしてました。
それでもどうにもならない現実への苛立ちから逃れるべく、酒やタバコに逃げていました(一晩でやっすいワイン1本空けるペースです…)。

いままでの自分の行動と結果が、ずるずると付いて廻ります。
返すべき借金も、経歴のズタズタっぷりも、スキルや資格のなさも、人間関係の酷薄さも、なにも変わっていません。

フルタイムでアルバイトをしながら、就職活動をしつづけるのも正直辛いものがあり、活動後期はガタガタでした。
ただ現状を一変させたいという思いだけが自分を駆り立てていました。
この年で親孝行もできず、彼女も作ることができず、趣味をもつこともできず、ないない尽くしの考えに悩みました。
人生の土台が欲しかったのです。
自分にとってのそれが就職でしたし、キャリアでした。
ただ、「なんでもいい」という考えで活動してもあまり意味はないかもしれないです。
紹介される仕事はあまりいいものではありませんでした。当たり前です。
「なんか違うな」という漠然とした考えから、内定が出ても辞退することもありました(ブラックで名高い会社でした)。
結局、就職してなにがやりたいのかを考える余裕がなく、エージェントの利用もやめて、バイト先も退職しました。
なにもない人間に戻ることを選びました。
それが、結果としてはいい方向に進んだのだと今は言えます。自分にとってはですが。

当時の自分がやるべきだったこと→そうなってから何がしたいのか?を考える

逆を言えば、そうなれれば何ができるのかを考えてみることだと思います。
それが就職活動なのだと思います。
それによってどんな利益が得られ、だれが得をして助かるのか。
それはそのまま社会や組織の仕組みを考えることにもなりますし、キャリアの道筋にもなっています。
どういうことができる人間になりたいのかを自分に聞いて、どういった道線をたどればそれが可能なのか(一本ではなく複数あれば尚よし)を計画していくことを、人事の方は重要視しているようです。
それを会社がサポートし成長が達成できれば、業績の向上やブランディングにも繋がり一挙両得です。理想を言えばそういうことです。

ただ、なかなかそういった方向を重点的にサポートしてくれるエージェント会社というのはなくて、案件の紹介と面接のスケジューリングがメインになっているような状況です。
自分も複数社利用しましたが、最終的には一社に絞って活動していました。
そこらへんのことは次回に。

転換