宇宙大のなんやかや

宇宙大のなんやかや

彼と此をてんやわんやで考える。

ITエンジニア見習いの自分が今すぐ取得すべき資格一覧

○「ルールを守って正しくプレイ」を目指して

んにちは。
ハルヲでございます。

今回は27歳でいきなり未経験からITエンジニアとして就職した自分が、今すぐ取得すべき資格の一覧と勉強方法を考えて行きたいと思います。

現状の自分の知識量はエンジニアを名乗るにふさわしくないレベルですので(例えれば、野球選手が野球のルールをよく分かっていない状態…)、いかにして基礎を作っていくのかという点に苦心している最中です。

その点、資格があれば「ある分野に関する知識や学習がある程度はすんでいる」という証拠となるので、周りの上司や同僚からはその人の知識レベルの把握がある程度可能であり、取得した本人の自信やその後の学習のよすがともなり、あるに越したことはないものなのではないかと思います。
なにか興味のある分野に関する資格があるなら、取得に向かいチャレンジすることをオススメします。

ITパスポート

【ITパスポート試験】情報処理推進機構

ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべき
ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

IT初心者といえば、ITパスポートといわれるほどの、ある意味「このレベルの知識があること前提」でIT系の会社は求人を出していると思われます。
そして、困ったことに自分はこの資格を持たずに中途採用されたので、今から取得に向けて焦っているような段階です…

比較的楽に勉強できて、取得も簡単」という触れ込みではありますが、試験範囲である[ICTのソフト・ハード面/経営/マーケティング/法務/簿記関係]の各項目は、本気で取り組めばどれも「終わりのない底なしの分野」です。
この資格は、これらの項目がどういったものかを説明できる程度の知識を獲得することを目的とした資格である、と思われます。

特別取りたい資格とかもないけど、とりあえず取ってみるか」という方がいれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
学習期間も長くてひと月前後で取得できる程度と思われます。

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 ITパスポート教科書 平成29年度(2017年度) CBT対応

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 ITパスポート教科書 平成29年度(2017年度) CBT対応

 

 

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

 MICROSOFT OFFICE関連のWORD,EXCEL,POWERPOINTのスキルを証明するための資格です。
会社勤めをする際、かなりの割合で要求されるスキルであると思われます。
新入社員研修なんかでも、これらのツールの使い方なんかをやる会社も多いのではないでしょうか。

WORDに関しては、付随する機能全般を使ったドキュメントの作成を目的としています。
へぇ、こんな機能もあったのか」なんて気づきを得られると思われますので、まずはWORDからはじめてみてはいかがでしょうか?

EXCELに関しては、VBA(VISUAL BASIC FOR APPLUCATIONS)やマクロに関するところまでやるので、若干専門的な領域に入ります。
これらの機能は、基本的には業務のオートメーション化のためのものですので、それを意識して学習すれば頭に入りやすいのではないでしょうか?

POWERPOINTに関しては、WORDとEXCELの二つがこなせるレベルであるなら、ほぼその応用で可能ですので、こちらは最後に取り組んだほうがいいと思われます。

就職するまでに取っておきたかったのは、このMOSとITパスポートでした。
これから就職活動をはじめようと考えている方がいれば、期間に若干の余裕があれば上2つの資格取得を終えてから始めてみるのもいいのではと思います。

Microsoft Office Specialist Excel 2013 対策テキスト& 問題集 改訂版 (よくわかるマスター)  Microsoft Office Specialist Word 2013 対策テキスト& 問題集 改訂版 (よくわかるマスター)  Microsoft Office Specialist PowerPoint 2013 対策テキスト& 問題集 改訂版 (よくわかるマスター)

CCNA

ITにおけるネットワーク機器の大手企業であるCISCOによるベンダー資格です。
ネットワークの構築に関する基本的な知識とスキルを証明するもので、なんらかの障害が発生した際にある程度対処できるであろうとみなされる(?)のではないでしょうか?
この資格は上述したIパスやMOSとは違い専門的な分野ですので、それ相応の難易度となっております。
ある程度、気合をいれてチャレンジする必要があると思われます。
自分もIパスを取得できれば、これか下記のLPICの取得を目指してチャレンジする予定です。

徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3.0 対応

徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3.0 対応

 

 

LPIC

ITにおけるサーバOSの取り扱いのスキルを証明する資格で、使用するOSはLINUXです。
この資格とCCNAがネットワーク構築の基礎的な資格となっており、その分野にかんする仕事をするなら是非とも取得したい資格です。

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version4.0対応

 

 

普通自動車免許

はや資格というよりは身分証明書であるとみなされる免許ですが、自分は過去に更新をわすれて失効しております…
正直、取るだけなら難易度はかなり低いと思われますが、それなりに時間とお金がかかります。
貯金と時間の確保が比較的やりやすい学生やフリーターなら、まずは取っといたほうがいい資格第一であると思われます。
社会人になれば、それなり以上に時間が拘束されますので、やはり余裕のあるうちにチャレンジすることをオススメします。

はぁ、取り直しやぁ~。

資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法

資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法